肌再生医療はこんなお悩みがある方におすすめです

シワ

タルミ

老化

クマ

肌の再生医療について

紫外線の影響を受けにくく、顔の肌に比べて、衰えるスピードが遅い(=若い)耳の裏から皮膚を採取し、培養した細胞を、肌の老化の気になる部分に移植します。

①老化現象の改善

元気な肌細胞を直接お肌に注入することによって、お顔のバランスを整え、ほうれい線やしわ、目のくまなどの細かいお肌のお悩みを
オールマイティに改善する事が出来る治療です。

ほうれい線前

治療前

ほうれい線後

治療後

②老化速度を遅くする

  • 肌質の改善・クマ
クマ前

治療前

クマ後

治療後

肌の仕組みについて

肌の仕組み 肌の仕組み2

肌細胞ってどんな働きするの?

肌細胞の働きは、真皮を構成する三大要素である
コラーゲン線維・ヒアルロン酸・エラスチンの生成とメンテナンスです。

肌細胞が作る3大要素

肌の仕組み

肌に大敵な三要素

大敵

肌の老化はどうしておこるの?

シワやクマ、タルミ、肌質に変化などの
肌の老化の原因は肌細胞の減少・機能低下と言われています。

肌の老化の原因は、肌細胞の減少・メンテナス機能の低下

肌細胞はコラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸など全てを作る工場です。
しかし、肌細胞は20歳を超えると急激に減少し50歳を超えると20歳の頃の約半分まで減少し、肌はどんどん老化してしまいます。
肌が老朽化すると表皮、皮下組織をを支える力が衰えます

肌細胞を増やす治療は、肌の再生医療以外にありません!!

なぜ老化現象改善できるの?

大量に移植したあなた自身の元気な肌細胞が、老化した肌を修復します。

なぜ老化速度を遅くすることができるの?

肌細胞を移植し、肌組織そのものが若返るため、改善した肌質の維持効果も高い治療です

他の美容法と肌の再生医療はどこが違うの?

メリットとしては、肌細胞が増える効果と高い安全性が言えます。デメリットとしては、培養に1ヶ月かかるため、他の美容法より治療に時間がかかることにあります。

松本浩彦監修

松本先生

臨床美容再生医療学会理事長 厚労省認定再生医療医

松本 浩彦 医師

臨床美容再生医療学会 理事長
医療法人社団 甲南回生 理事長
甲南回生 松本クリニック 院長
同志社大学 客員教授
日本臍帯プラセンタ学会 会長
臨床ゲノム医療学会 副理事長、同 認定ゲノムドクター
日本過酸化脂質・抗酸化物質学会 幹事
日本スポーツ協会 公認スポーツドクター
日本臨床研究安全評価機構 理事長
日本文芸家クラブ 会員